最近では、不景気のために大学を卒業しても就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)先が決まらなかったり、敢えてフリーター(三十五歳以上の人を特に中高年フリーターということもあるようです)といった道を選んでいる方も少なくないのではないでしょうか?何か目的があってフリーター(面接官に対する?象はあまりよくないといわれています)をセレクトしているのであれね、それも一つの選択となるはずです。でも、いずれにしても、収入面で不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)定であったり、将来的に見て再就職(前職を離職した理由によっては、難しいこともあるかもしれません)出来ないんじゃないかという不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)が非常に多くあるかもしれませんね。正社員として働いている方でひとりぐらしをされている方は結構いらっしゃると思いますが、フリーター(面接官に対する?象はあまりよくないといわれています)をされている方で1人暮らしをされている方はどれだけいるためしょう。一人暮らしで主にかかる生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)費といわれる物は、家賃や電気代、ガス代、水道代、食費などなんです。一般的に、フリーター(フリーランスアルバイターの略語で、フリーアルバイターということもあります)の場合だったら、あまり高い家賃の部屋に住むことは出来ない物です。もちろん、その人にも左右されるでしょうが。ご両親と同居されている方であれば、家賃や食費なんかの生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)費がほとんどかからない事が多いです。毎月、給料から如何にかを払えばいいというようなケースも少なくないはずです。でも、ひとりぐらしとなると、全部の費用が自分持ちとなるでしょう。そして、どれほど節約しても、毎月、あるていど決まった支出を覚悟しなけれねダメなのです。毎月必ず支払わなければならない家賃を安い所で設定し、食費など削れる物は節約したとしても、携帯(最近では、小学生に持たせる親も少なくありません)代や税金(きちんと納めずに脱税すると、バレた時にたいへんなことになってしまうでしょう)、保険料なども含めて考えて見たら、約10万円前後はかかってしまうのではないかと思います。15万円以上毎月稼ぐことの出来るような仕事であれば、何とかなるのかもしれません。しかし、それ以下ともなれね、一人暮らしで生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)することは結構辛いのではないかと思いますー